クレジットカード現金化の方法

ご利用の際はご注意を

クレジットカード現金化を取り巻く環境

規約違反にあたる可能性

クレジットカード会社の会員規約には、現金化を目的としたクレジットカードの利用を認めていません。
クレジットカード会社側にバレてしまった場合には、カードの使用が出来なくなってしまったり、強制的な退会などのペナルティが課されたりする場合もあるのです。
ちなみに、現行の法律ではそれは違法行為にはあたりません。
クレジットカード現金化の業者は、そのサービスとして貸金業にも該当するのではとされ、違法性を議論されているという状況です。

高価なブランド品や金券などを少なからず購入、また同じような購入履歴が続けば、チェックされる(バレてしまう)こともあるかもしれません。
クレジットカード現金化の利便性は魅力ですが、その利用には十分気をつけたいものです。

利用における注意

なんとも微妙な立ち位置のクレジットカード現金化ですが、規制の対象となっているのは、悪徳業者が多いということもあります。

ネットにおいては、審査や承認などはとても簡易なものであり、ユーザー側も現金の必要性からカード情報なども安易に提供してしまいます。
決まった金額が振り込まれないなど、詐欺などを行う悪徳業者も少なからずいるので、どうしても利用する際はネットなどで、業者の口コミ情報などを優良業者や悪徳業者をチェックするのがいいでしょう。

また、個人情報なども提供しているため、犯罪に巻き込まれてしまう可能性もありますので、業者の選定は特に注意が必要です。
現金化は時として必要になり便利なものですが、都度使うような手法ではないということも認識が必要です。


この記事をシェアする