クレジットカード現金化の方法

ご利用の際はご注意を

キャッシュバック型とは

その仕組みとは

商品やサービスの販促キャンペーンなどにおいて、「キャッシュバックキャンペーン」などが実施されていることがあると思います。
基本的にはこの仕組みと同じです。
つまりは、クレジットカード現金化の業者の商品(キャッシュバック付き)を購入して現金を調達するということです。
わかりやすい例で言えば、業者より10万円の商品を購入して8万5千円のキャッシュバックを受けることができるというイメージです。(還元率85%)

このキャッシュバック型の取引においても、ユーザーにとっては現金の調達が目的です。
商品購入はあくまで手段なので、キャッシュバック型はあまり価値の高くない商品が多いようです。
買取型の商品の役割とは大きく異なるというわけです。

そのメリット

キャッシュバック型のメリットはいくつかありますが、最も大きなものは現金化のスピードです。
商品買取型における商品購入(手元に届く)から買取(送付または直接持ち込み)、現金化という流れはキャッシュバック型にはありません。
業者側は購入の確認が取れれば、購入者へ入金(キャッシュバック)することになるからです。
業者によっては即日に入金ということもあるのです。

また、ネットの環境さえあれば取引が可能であることもメリットのひとつです。
買取型においては店舗へ商品を持ち込まなければなりませんが、実際には近くにないことも想定されます。
いつでもどこでも、そして場所を問わず利用できるのはキャッシュバック型の特徴でもあり、メリットです。


この記事をシェアする