クレジットカード現金化の方法

ご利用の際はご注意を

クレジットカード現金化の概要

買い取ってもらい現金化する

商品買取型の具体的な方法としては、新幹線のチケットや高級ブランド品、ギフト券などの換金性と高い商品をクレジットカード決済で購入、その後すぐに現金化業者に買い取ってもらい現金化するというものです。

現金化するにあたり、当然のことながら換金率があるのでクレジットカードでの購入金額よりも安くなります。(例えば80%から90%くらいなど)
しかし、マイナス分を考慮したとしてもクレジットカードのショッピング機能の利用枠を使って早急に(場合によっては即日など)現金を調達できることから、どうしてもずらせない支払いなどに使う人がいるのです。
買取型のおいては、業者に買い取ってもらうまで金額がわからないため、クレジットカード決済で購入した商品の換金率も重要な要素となります。

商品買取型の業態は2種

クレジットカード現金化において、商品買取型のサービスを行っている業者には、店舗型と無店舗型の2種類があります。
店舗型は文字通り実際の店舗がある業者のことです。
ネットやスマホでは何となく心配という方には、その場で買取してくれるので、顔がみえて安心できるのが店舗型のメリットかもしれません。

昨今ではさまざまサービスがネットで営業していますが、クレジットカード現金化においても例外ではありません。
無店舗型のメリット(特徴)は、場所や時間(休日など業者に違いあり)を問わず利用が可能なこと、また無店舗型は換金率が高めだとも言われています。

店舗型と無店舗型がありますが、商品買取型とはわかりやすく言えばクレジットカード決済で購入した商品を(高い換金率で)売って現金化する方法と言えます。


この記事をシェアする